土地活用の方法といえば

地方に行くとびっくりするのは

38歳 男性
地方に行くとびっくりするのは、3LDK駐車場付きのアパートが、東京の1Kアパートとあんまり変わらない値段だったりすることだ。地方の人が東京にくると、同じようにびっくりするわけだ。東京はどうしてこんなに高いのか?高いのは土地である。それも都心になればなるほど高い。バブル期には東京23区の資産でアメリカ合衆国を2つ購入できる、と言われたほど。ということは、わずかな土地さえあれば商売になるとうことでもある。ほんのわずかなスペースに3台しか止まれないような駐車場があったりするが、あれでも採算が取れているのだろう。
だから都心の土地は、気がつけばアパートか駐車場になっている。物件であるアパートは何かと心配事が多いが、ただのスペースである駐車場にはアパートほどの心配はいらない。土地を有効に活用しようと思ったら駐車場を経営するのは非常に理にかなっている。
また、面白い活用法もある。貸しスペースなるものがそれ。駅から近い繁華街という立地を生かし、ただの箱のような家を造る。屋根と壁だけの家だ。それを週単位、あるいは月単で貸し出す。借りたほうはそこで雑貨や絵画なんかを売ったりする。いわばフリーマーケットの拡大版のようなものだが、ひっきりなしに借り手がついているようだから、これもうまい商売、つまり土地活用の方法なのだろう。下手に駅に近いとアクセスが面倒なので駐車場にするよりは、こうした箱モノもいいのかもしれない。