土地活用の方法といえば

先日私たち家族が参加した行事は

51歳 女性
先日私たち家族が参加した行事は、休耕田にチューリップを植えるというものでした。
地区の人たちが、草ぼうぼうになっていた休耕田をどうやって活用しようかと夜なべ談義をして、チューリップを植えることになりました。
そして雑草を片付けて整地して畝立て。地区の大人や子供200人くらいが集まって4万個のチューリップの球根を植えました。
一人200個植えたら4万個なんて1時間ちょっとで植え終わります。赤、黄色、白、ピンクなどと畝ごとに同じ色のチューリップの球根を植えました。
これは毎年の行事ですが、春には2万人くらいの人が見に来るんだそうです。

私もこれに触発されて、地元で花いっぱい運動を始めました。
街路樹の根元に花を植えるという活動です。
地元の自治会や市役所とも話をして葉牡丹の苗と、パンジーの苗、それからチューリップの球根をもらってきました。
そして自治会の役員やボランティアで植え付け、街路樹の根元が花や葉牡丹でいっぱいになるのです。
春には球根も花が咲くし、葉牡丹も菜の花を咲かせるので楽しみです。