土地活用の方法といえば

土地活用の方法といえば

48歳 男性
土地活用の方法といえば、一つしかなければ自宅敷地として使うのが一番です。
建物を建て、マイホームとして使用するなら不動産取得税と固定資産税もかなり安くなります。
それ以外の活用方法となるとやはり投資だと思います。余剰不動産を利用しても、そのために土地を購入してもいいと思いますが、投資と言ってもかつての定番であった、買って売って利ざやを稼ぐなどという方法、いわゆる土地ころがしは有効な方法とは言えません。それは仲介手数料を稼げる不動産屋を喜ばせるだけです。
投資は高い配当が望めるものに対して行うのが基本中の基本、賃貸で回収を計るのがいいと考えます。
最も手数がかからないのが駐車場経営ですが、利回りが低いのが玉に傷です。
あと、相続税対策も兼ねるというならあまり効果が望めません。
土地の上に集合住宅や戸建等の建物を建築し、個人の居住用として賃貸するのが対費用効果としては高いと思います。そして、あるていど投資額回収の見込がついたところで売却し、さらに規模の大きい賃貸物件に投資するというのが理想です。
それが上手く回転すると投資したお金がお金を生むことになり、元手を維持したまま余剰金を活用できるので将来に対する不安も無くなることでしょう。