土地活用の方法といえば

土地を所有していると

55歳 男性
土地を所有していると、固定資産税・都市計画税・相続税などの税金の対象になります。また、雑草などの除草費用も必要になりますから、維持費も掛かります。
だから、土地の場所によって活用方法を変える事が必要になります。市街地に土地があれば、駐車場として貸したり、賃貸住宅などを建設したりする事も考えられますし、郊外であれば家庭菜園などに貸し出す事ができそうです。
更地である土地よりも、建物を建築する事で税制上の優遇措置が受けられます。
特に相続税においては、更地の場合、税制上の優遇措置が受けられない事も知っておきたいものです。
土地を活用して収入があれば、納税の時にも役立ちますし、副収入として生活にも余裕が出てきます。土地の場所と目的を決めて、有効に活用したいものです。

賃貸住宅などを建設して、金融機関からの借入れがある場合、土地にかかる税金の優遇だけでなく、所得税も軽減され、節税対策にもなります。使用目的の無い土地であれば、ゲートボール・グランドゴルフなどの地域のコミュニティ広場として提供すれば、除草などの手間を減らす事にもつながります。